オンライン英会話

初心者でもフリートークをして急速に上達する方法【DMM英会話】

オンライン英会話

DMM英会話でできる「フリートーク」は教材を使用せず、自由に講師と会話するレッスンになります。

お題は基本的に生徒が用意して、英語でコミュニケーションを図る『THE 英会話』って感じのレッスンですね。

しかし残念ながら、初心者がフリートークで英会話を上達させるのは難しいという現実があります😅

とは言え、やり方によっては初心者がフリートークをしても効果的に伸ばせる事が可能なのです。

それでは詳しく解説していきますね。

 

フリートークは初心者におすすめではない

様々な理由から、初心者にはフリートークはおすすめでなく上達しづらいと口コミでもよく言われていますよね。

まずはこの部分をしっかり理解して、「フリートークだけで英語ペラペラになる」といった幻想を一旦リセットしてもらいます。

 

まず聴けないと何をしゃべって良いかわからない

英会話でスピーキングは大事ですが、実はリスニングはもっと大事です。

スピーキングが100点で、リスニングが0点の人がいると仮定します。するとどうでしょうか?

会話は成立しないですよね?

自分勝手にベラベラしゃべるだけで、相手が言っていることは一切不明。その状態で会話のキャッチボールができるわけありません。

反対に、ほとんど喋らなくても一言、二言しゃべるだけでコミュニケーションは取れますよね。周りを見るとそんなタイプの人もいることがわかります。

つまり、本当に『英会話』ができるようになりたいなら、まず正しく聴くに訓練をした方が近道なのです。

▼DMM英会話で正しく聴く練習方法▼

リスニング&スピーキング力が超速で伸びる発音矯正法【DMM英会話を活用】
SCORE 上のチャートはDMM英会話の継続月数と、僕のVersantのスコアを示しています。※VERSANTはビジネスで使える英語力を、正確かつスピーディーに測定・分析するテストです。 5ヶ月目でコツを掴み、6ヶ月目で爆伸びし...

 

フリートークは聴ける事が前提、初心者向けじゃない

完璧である必要はありませんが、フリートークはある程度聴けないと、会話が成立しないため効果を発揮しません。

聴けさえすれば上手くしゃべれなくても、単語や簡単な文章、ジェスチャーなどで意思を発することができます。そこから講師がニュアンスを理解できれば会話が継続できるので、学習効率が飛躍的にアップします。

初心者はこのプロセスができないので、フリートークはおすすめではないのです。

 

しかし、教材を使うと写真・テキストで理解できたり、レッスンの流れなども汲み取れば、コミュニケーションしやすいというメリットがあります。

リスニング力を高めるには、英語を聞く前に「これから何を言うか」をイメージできた方が学習効率が良いと言われています。

つまり、初心者は教材を使った方が、正しいイメージが掴めるので、リスニング力を鍛えやすいのです。

 

初心者がフリートークで爆速で上達する方法

普通の授業っぽいレッスンは嫌!

フリートークで英会話を上達させたい!

そんな人は多いと思います。

僕も「学校のような授業は面白くないから嫌!もっと自由に伸び伸び上達したい!」と思ってました。しかし、闇雲にフリートークをしても伸びないのも事実です。

ではどうしたら良いか?

結論を言うと、同じネタ(議題)をフリートークで繰り返すことで、初心者でも英会話力の向上が期待できます。

ポイントは何度も同じフレーズを反復、修正、練習を繰り返します。

しっかりした発音でしゃべれるようになれば自然とリスニング力も上がります。同じネタでも講師を変えて受講し続ければ常に新鮮です。

繰り返すほど「既に答えが準備済み質問」と「新しく考える必要のある質問」の比率が、「既に準備済み」に寄ってきますよね。そしたら、新しい話題にチャレンジします。

 

ネタを考えるコツは『全て自分に関連した事柄』が良いと思います。

  • 自分の趣味思考、考え方
  • 自分の家族や友達について
  • 自分の仕事や学校について

人間は自分に関連することは興味をもちやすく、関係ないと思ってしまうと興味や集中力が欠如してしまいます。

なので、学校の教材などで真面目に勉強するのは難しいんですよね。

この方法は同じネタをもっと良くしていく作業をして、初めて効果を発揮します。

焦らずに少しずつしゃべれる範囲を増やすのがポイントです。

 

初心者におすすめのフリートークのおすすめネタ

爆速で上達するためには、反復して練習できるネタを準備が不可欠です。

一過性のモノではなく、ずっと使えるジャンルを深堀してみましょう。

 

仕事や学校生活について

仕事や学校生活は鉄板ネタです。

「何をしている人か?」はどうとでも話を膨らませれるので、自分が喋りたい事をたくさん盛り込めます。

ただし、詳細な説明をしすぎると伝わりづらくなってしまうので、英会話に慣れるまでは『一般常識だと思われてる範囲』の説明に限定した方がコミュニケーションが取りやすいです。

 

ルーティーンについて

  • 毎日あさに散歩している
  • 毎日筋トレしている

など、日頃行っているルーティーンも良い話題です。

ルーティーン系は「every day」「every week」などの「every」を使ってしゃべるのにうってつけ。

自然に「every」が出てくるようになれば、レベルアップした感を味わえます。

 

英会話をした先の目標

オンライン英会話の生徒なら、必ず英会話を始めたキッカケがあると思います。

  • 英語に関連する仕事につきたいから
  • 英語でドラマや映画を観たいから

など千差万別ですが、どんな夢や目標を持っているのか説明するのも良い練習になります。

個人的にですが、シンプルな英語しか使えないので、日本語で説明するより素直な夢を語れる気がします。

「あ、自分はこんな事がしたかったのか。」などの発見もあったりと考えるのが面白かったです。

 

趣味・好きなことについて

映画・本・音楽など自分の趣味や好きなことも英会話の話題にもってこいです。

自分が良く知っているジャンルで興味があると、日本語でもシンプルにして初心者に説明できますよね?

それを英語にしてしゃべれば良いので、比較的難易度が低くても講師の興味をそそる意見が言いやすいです。

深く説明していると、追加で説明が難しい質問もくるようになるので、スキルアップ目的でも良い話題です。

 

家族や友達のこと

家族構成はもちろんですが、今まで説明して来た、

  • 仕事や学校生活
  • ルーティーンについて
  • 趣味・好きなことについて

などの話題を、そのまま家族や友人の目線で紹介することも可能です。

「I」から「he」や「she」に変えるので、かなり練習の幅を増やす事ができます。

 

国や地域の文化について

有名なお祭りや、寺院や神社、またはアニメなど、国や文化に関する話題も使いやすいです。

特に外国人でも知っているような、有名な文化財の説明などは講師から聞いていても楽しいです。

若いフィリピン人は昔の日本のアニメを見て育った人も多く、意外と共通の話題になりえたりするので面白いですよ。

 

おすすめではないネタについて

  • 今話題のニュース
  • 身内にしかわからない細かい事
  • プライバシー的に微妙な内容

初心者ならこれらの話題を避ける方が良いと思います。

話題とかトレンド系のネタは情報共有が難しいですし、鮮度が古くなって何度も繰り返し使いづらいです。

また、細かすぎる事を伝えても、講師も理解できずに適当に相槌されるのがオチです。

一番気をつけるべきは「プライバシーを侵しそうなテーマ」ですね。

性、宗教など価値観・考え方の違いでトラブルに発展しそうな話題は、出来るだけ正確に情報を伝えないと微妙な空気が流れてしまいます。

初心者は聴きとりもそうですが、細かいニュアンスの使い分けもできないので、このような難しいテーマは避けるべきでしょう。

 

初心者でもフリートークで英会話力を伸ばす方法を解説しました

繰り返し言っていますが、フリートークは初心者にはおすすめではありません。

でも「フリートークは英語でコミュニケーションができた!」と達成感を得やすいというメリットもあるので絶対的に悪いとは言えないです。

「フリートークしかやらない!」というユーザーさんが多数いるほど、フリートークは人気で、かつ上手く活かせれば、レベルを問わず英語力を伸ばすことができます。

引用:DMM英会話 公式ブログ

このように、人によっては「フリートークの方が楽しいし続けられる」という方もいると思うので、ご自身のキャラクターに合わせて教材を選択すると良いでしょう。

とは言え、初心者が闇雲にフリートークを続けるのは効果的ではありません。

今回ご紹介したように「自己紹介」など自分に関連する部分だけ深く掘り下げて、何度も会話することで、正しい発音、正しいリスニング能力を鍛えていきましょう!

▼あなたにおすすめの記事▼

タイトルとURLをコピーしました