オンライン英会話

【2021年版】DMM英会話のキャンセル方法とルール【講師都合の場合も紹介】

オンライン英会話

この記事では、DMM英会話のレッスンをキャンセルする方法やキャンセル時のルールについて詳しく解説しています。

具体的には、下記3つのことを知ることができます。

  • DMM英会話でレッスンをキャンセルする際のルール
  • 「パソコン」「スマホ・タブレット」でレッスンをキャンセルする際の具体的な手順
  • 講師側がレッスンをキャンセルした場合の対処法

正しいキャンセル方法やルールを覚えて、是非今後の学習に役立てていただければ幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

 

DMM英会話のレッスンをキャンセルする前に覚えておくべきルール

DMM英会話では、下記2種類の予約方法があります。

  • 契約プランに応じて受けれるレッスン数を使用して予約する「通常予約」
  • レッスンチケットを使用してレッスンを予約する「チケット予約」

普通は「通常予約」を使います。追加で受講したい時など、チケットを購入して「チケット予約」するという感じです。

これらの予約方法には、それぞれ決まったキャンセルのルールが存在するので、下記で詳しく解説していきます。

 

レッスンが始まる30分前であればキャンセルが可能

DMM英会話では、レッスンを行う30分前であれば「通常予約」または「チケット予約」ともにキャンセルを行うことができます。

キャンセルを行う際には、レッスン数もしくはレッスンチケットが返却されるシステムになっています。

 

【ペナルティあり】キャンセル可能時間を過ぎてもキャンセルは可能

この記事を読んでいる方の中には、30分前にキャンセルができなたかった経験をお持ちの方もいるかと思います。

しかし、30分前にキャンセルできなくても大丈夫です。

「通常予約」もしくは「チケット予約」ともに、レッスン開始直前までキャンセル自体は行うことができます。

しかし、この場合のキャンセルでは、レッスン数またはレッスンチケットの返却が行われません。

そのため、レッスンのキャンセルは30分前に済ませておくことをおすすめします。

 

キャンセルしたレッスンの再予約は可能?

「通常予約」であれば、キャンセルしたレッスンの再予約が可能です。

ただし、「チケット予約」では、同じレッスンを再予約することはできません。

もし再予約したいのであれば、

  • 同じ時間帯のレッスンを希望する場合は、別の講師から受講する
  • 同じ講師のレッスンを希望する場合は、別の時間帯で予約する

以上の条件であれば、「チケット予約」でもレッスンを再予約することができます。

 

【デバイス別】DMM英会話でレッスンをキャンセルする具体的な手順

下記では、「パソコン」と「スマホ」画面からレッスンをキャンセルする手順について解説しています。

パソコンからレッスンをキャンセルする場合

 

パソコンから
  • STEP1
    「ホーム画面にある予約中のすべてのレッスンを見る」をクリック

    パソコンからのキャンセル手順1

  • STEP2
    「レッスンをキャンセル」をクリック

    パソコンからのキャンセル手順2

  • STEP3
    「キャンセルする」をクリック

    パソコンからのキャンセル手順3

  • OK♪

    以上で、パソコンからのキャンセルは完了となります。

 

 

スマホ・タブレットからレッスンをキャンセルする場合

スマホ・タブレットから
  • STEP1
    トップページにある「予約中のすべてのレッスンを見る」を選択

    スマホ・タブレットからのキャンセル手順1

  • STEP2
    「レッスンをキャンセル」を選択

    スマホ・タブレットからのキャンセル手順2

  • STEP3
    「キャンセルする」をクリック

    スマホ・タブレットからのキャンセル手順3

  • OK♪

    以上で、スマホ・タブレットからのキャンセルは完了となります。

 

講師側の都合によりレッスンがキャンセルになってしまった場合の対処法

DMM英会話では、講師側の都合によりレッスンがキャンセルになってしまうケースもあります。

下記では、以下2つの項目について解説しています。

  • 講師がレッスンをキャンセルする5つの理由
  • キャンセルになった場合にどうすれば良いか

 

講師がレッスンをキャンセルする原因

講師側がレッスンをキャンセルする理由としては、

  • 体調不良
  • インターネット回線の不調
  • レッスンの時間を間違えている
  • レッスンを忘れている
  • 寝坊

上記の5つがあげられます。

僕の経験上、ほとんどが「インターネット回線の不調」です。

先生はフィリピンなどインフラが発達してない国の人が多いので、仕方ないんですよね😭

 

プラスレッスンチケットが発行および付与される

講師側の都合でレッスンがキャンセルになってしまった場合、「プラスレッスンチケット」が発行および付与されます。

(※講師側の都合でレッスンが5分以上早く終わってしまった場合にも発行されます)

講師都合キャンセル

たま〜にあります😅

プラスレッスンチケットとは、自分の好きな時間に好きな講師から1回レッスンを受けることのできるチケットです。

このプラスレッスンチケットは、発行から30日間使用できます

講師側キャンセルになったとしても、その分は30日後ならどこでも使用可能なので、「せっかく枠を確保したのに…」とあまり不満に感じないのです。

 

【まとめ】DMM英会話のレッスンは30秒あればキャンセルできます

最後に、この記事の重要となるポイントをいくつかまとめます。

  • レッスンが始まる30分前であれば、ペナルティを受けることなくキャンセルが可能
  • キャンセルの手続きはパソコン、スマホともに30秒あれば完了
  • 講師側の都合でレッスンがキャンセルになった場合には、プラスレッスンチケットが1枚もらえる

原則、DMM英会話では、レッスンが始まる30分前までにキャンセルを行うと何もペナルティーはありません。

万が一レッスンに間に合わない場合は、できるだけ早めにキャンセルの手続きをしておくことをおすすめします。

チケット消化のキャンセルは、講師に支払いがありますが、30分前までのキャンセルは講師に支払いがありません。

レッスン30分前のキャンセルが一番迷惑になるので、できる限り早めのキャンセルを意識しましょう。

タイトルとURLをコピーしました